知的財産教育 - 東海大学付属札幌高等学校

資料請求/お問い合わせ 東海大学付属札幌高等学校 東海大学付属札幌高等学校アクセス 東海大学付属札幌高等学校サイトマップ
受験生のみなさまへ 卒業生のみなさまへ

東海大学付属札幌高等学校ホームページメニュー

知的財産教育 東海大学付属札幌高等学校

創造性、協調性、プレゼンテーション能力を養う、生徒主体型の学習です.

知的財産教育とは・・・

img122

知的財産教育とは、東海大学の学園全体で取り組んでいる新しい教育で、東海大札幌では1年生の現代文明論の時間を中心に実施しております。

一般に知的財産と言うと、発明品など特許権や著作権に関することをイメージすると思います。実際、知的財産に関係するものとしては、発明、考案、意匠(デザイン)、著作物、植物の新品種など様々な分野に渡っています。しかし、本学では知的財産をもっと広く「自らのアイディアを形にしたもの」と捉え、どのようにしてアイディアを出すか、そしてどうやって実現していくのかという過程を学ぶことに主眼が置かれています。

知的財産教育は、知的財産を生み出す「創造」(知的財産創造教育)、特許権や著作権など知的財産を守る「保護」(知的財産権教育)、そしてそれを実際に社会で役立たせる「活用」(起業家精神教育)の3つの分野に分かれています。(知的財産創造サイクルを参照)

知的財産教育とは、知的財産の「創造」「保護」「活用」について学ぶことを通じて、知的財産そのものだけではなく、創造性、協調性、プレゼンテーション能力を養う、生徒主体型の学習です。

本校の知的財産教育は、プロジェクト型の知的財産教育と教科における知的財産教育があります。

プロジェクト型知的財産教育は、現代文明論の時間に、任意のテーマ(課題)に沿ってグループで協力して、新しいアイディアを作り上げるという課題解決型学習です。

教科における知的財産教育とは、新たなモノを作り出すという作業を各教科の授業に取り入れることで生徒主体型の学習を目指すというものです。


知的財産創造サイクル

Copyright © TOKAI UNIVERSITY SAPPORO All Rights Reserved.